展覧会

展覧会情報

[アーカイブ] IV 巡りゆく日本の山河

東山魁夷館

開催期間2011年9月29日(木)~ 2011年11月29日(火)

「自分の芸術を生んでくれた故郷として、日本のいたるところにある自然の山野や林や海を、もっとも親しいものに感じている」という言葉を残した東山魁夷。本展では、魁夷が風景画家として日本各地を旅し、描いた作品を中心に紹介します。

詳細はこちら

[アーカイブ] 没後100年 菱田春草展 ─新たなる日本画への挑戦─

展示室1 ・ 展示室2 ・ その他

開催期間2011年9月10日(土)~ 2011年10月16日(日)

近代の日本美術史において、燦然と名を輝かす日本画家・菱田春草(1874-1911飯田出身)。東京美術学校から日本美術院を通じ、岡倉天心の指導のもと、横山大観や下村観山、西郷孤月らとともに、それまでの伝統にとらわれない、新たな日本画の創造を目指しました。

詳細はこちら

[アーカイブ] 長野県書道展

展示室1 ・ 展示室2

開催期間2011年8月28日(日)~ 2011年9月4日(日)

詳細はこちら

[アーカイブ] 郷愁を誘う新版画の世界

その他

開催期間2011年8月28日(日)~ 2011年9月4日(日)

詳細はこちら

[アーカイブ] III 日独交流150周年記念 ドイツ・心の旅路

東山魁夷館

開催期間2011年7月28日(木)~ 2011年9月27日(火)

東山魁夷は、1933年から1935年、日本画家として珍しくベルリンに留学、以来、ドイツを「第二の故郷」と呼んでいました。1969年にも夫妻でドイツ・オーストリアを旅行し、連作「古都を描く」「窓」が制作されました。本展は、日独交流150周年を記念し、《静かな町》《石の窓》(1971年)など、東山魁夷が愛したドイツに取材した作品の数々を展観します。

詳細はこちら

[アーカイブ] 信越放送60周年 長野県信濃美術館45周年 倉敷・大原美術館コレクション

展示室1 ・ 展示室2 ・ その他

開催期間2011年6月11日(土)~ 2011年8月21日(日)

大原美術館は1930年に日本初、西洋美術中心の私立美術館として開館しました。本展では印象派のモネ、ルノワールなどの西洋絵画をはじめ、日本洋画界を代表する中村彝、梅原龍三郎などの日本の近・現代絵画、さらには民藝運動に関わりのある作家の作品、約80点を紹介します。

詳細はこちら

[アーカイブ] II 北欧の魅惑

東山魁夷館

開催期間2011年5月26日(木)~ 2011年7月26日(火)

1962年、日展や日本藝術院での受賞を経て、すでに作家として目覚しい活躍をしていた東山は、日常を断ち切るため、かねてから憧れていた北欧へと足を向けました。デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドを初めて訪れたこの旅を、後に東山は、自らの画業のなかで重要な意味を持つたびであったと回想しています。

詳細はこちら

[アーカイブ] 資生堂にみる商業デザイン -明治・大正・昭和-

展示室1 ・ 展示室2 ・ その他

開催期間2011年4月16日(土)~ 2011年6月5日(日)

香水を選ぶとき、私たちは「匂い」を選び、商品を購入します。しかし「香水ビンのフォルムを気に入って買ってしまった」という経験はありませんか?商品を、より視覚的にも印象づけるため、香水ビンや外箱には、デザインとして考えられた美しさがあります。

詳細はこちら

[アーカイブ] I 京都の記憶

東山魁夷館

開催期間2011年3月31日(木)~ 2011年5月24日(火)

「旅人にとって、めぐりあいこそ幸いであり、いのちである。私は旅人として京都を見た。京都とのめぐりあいによってこれらの作品は生まれた。その時、その場での感動から、じかに描いたものである。それを噛みしめて、構図と色彩を整え、絵にしたものも多い。

詳細はこちら

[アーカイブ] 第41回 新構造長野県展

展示室1 ・ 展示室2

開催期間2011年3月27日(日)~ 2011年4月3日(日)

絵画63点(日本画3点、油彩50点、水彩10点)、版画10点、彫刻2点、工芸25点 5部門約100点展示

詳細はこちら

ACCESS MAP

MENU