展覧会

展覧会情報

コレクション展 第Ⅰ期

東山魁夷館

開催期間2021年4月15日(木)~ 2021年6月1日(火)

《緑響く》と《水辺の朝》、《山霊》や《春兆》、《静かな町》を中心に、「京洛四季」シリーズの習作18点、ドイツ・オーストリア旅行で心惹かれた「窓」をテーマにした小品の連作スケッチをご紹介します。

詳細はこちら

コレクション展 第Ⅱ期

東山魁夷館

開催期間2021年6月3日(木)~ 2021年7月27日(火)

《灕江暮色》や《桂林月夜》、《黄山雨過》、《夕静寂》といった魁夷畢生の大作「唐招提寺御影堂障壁画」の準備作や関連作品及び戦前の初期時代に描いたスケッチをご覧いただきます。

詳細はこちら

10 Mame Kurogouchi

展示室3

開催期間2021年6月19日(土)~ 2021年8月15日(日)

新美術館のスタッフユニフォームのデザイナーであり、ファッションブランド「Mame Kurogouchi(マメ クロゴウチ)」を手がけ、2018年よりパリでコレクションを発表している長野県出身の黒河内真衣子。そのデザインの魅力をご紹介する展覧会です。

詳細はこちら

めぐりあいJAXA—ながのとながめ

展示室1

開催期間2021年6月19日(土)~ 2021年8月15日(日)

近年、著しい技術進歩を遂げ、また多くの映像作家、写真家のインスピレーションの源となっている宇宙観測技術をテーマに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の人工衛星「だいち」が撮影した長野県の高精細画像を元にした映像作品を関連作品とともに展示します。宇宙から長野県を俯瞰する映像体験をお楽しみください。

詳細はこちら

長野県立美術館メイキング・ドキュメント  つながる美術館 宮崎浩とランドスケープ・ミュージアム

展示室2

開催期間2021年6月19日(土)~ 2021年8月15日(日)

本展では新たに生まれかわった長野県立美術館建設の歩み、その全貌を紹介します。

詳細はこちら

オープンギャラリー 夏季展示

オープンギャラリー

開催期間2021年7月1日(木)~ 2021年9月14日(火)

「霧の彫刻」を水辺テラスに制作した中谷芙二子、その土地の石を現地の人びとと磨くプロジェクトを行う冨長敦也、ライブペインティングや作品展示を行う話題のアーティスト・小松美羽。各作家の業績を紹介します。

詳細はこちら

コレクション展 第Ⅲ期

東山魁夷館

開催期間2021年7月29日(木)~ 2021年10月5日(火)

連作「白い馬の見える風景」から《白馬の森》と15点の習作、飯山市の希望湖を描いた《静映》、また、《沼》や《沼の静寂》、《緑の窓》など夏の爽やかな風景を描いた作品をご紹介します。

詳細はこちら

長野県立美術館グランドオープン記念 森と水と生きる

展示室1 ・ 展示室2 ・ 展示室3

開催期間2021年8月28日(土)~ 2021年11月3日(水)

長野県立美術館のグランドオープンを記念する本展では、新しい収集方針の一つである「自然と人間」をテーマに、ありとあらゆる芸術作品に表現された多面的な自然の姿を展覧します。

詳細はこちら

長野県立美術館名品選 第Ⅰ期

コレクション展示室

開催期間2021年8月28日(土)~ 2021年10月26日(火)

グランドオープン後最初のコレクション展を祝して、菱田春草《羅浮仙》や池上秀畝による壮麗な《四季花鳥》、草間彌生初期の大作《No. PZ》といった、当館の顔となる作品群が並ぶ盛りだくさんの内容です。

詳細はこちら

アートラボ2021

アートラボ

開催期間2021年8月28日(土)~ 2022年5月17日(火)

詳細はこちら

ACCESS MAP

}
MENU