展覧会

展覧会情報

[アーカイブ] 彫刻の世界(第1展示室) 美術館でおしゃべりしよっ!2012 ―絵をみて話そう みんなで話そう―(第2展示室)

展示室1 ・ 展示室2

開催期間2012年11月17日(土)~ 2012年12月16日(日)

長野県信濃美術館の約2900点の収蔵品のなかから、彫刻の世界をご紹介します。

詳細はこちら

[アーカイブ] 工芸の世界

その他

開催期間2012年11月17日(土)~ 2012年12月16日(日)

当館では、重要無形文化財「日本刀」の保持者(人間国宝)に指定された宮入行平の《太刀》をはじめ、さまざまな工芸作品を収蔵しています。

詳細はこちら

[アーカイブ] 長野県信濃美術館移動展

移動展

開催期間2012年11月10日(土)~ 2012年11月18日(日)

詳細はこちら

[アーカイブ] Ⅳ 旅の季節

東山魁夷館

開催期間2012年9月27日(木)~ 2012年11月27日(火)

制作の準備のため、季節を問わず、国内外さまざまな土地へ旅をした東山魁夷。本展では「旅の季節」をテーマに、京都、ドイツ、オーストリア、中国など各地への写生旅行をとおして生み出された作品をご紹介します。

詳細はこちら

[アーカイブ] アートディレクター・太田英茂の仕事

東山魁夷館

開催期間2012年9月22日(土)~ 2012年11月4日(日)

梓村(現長野県松本市)出身で、昭和初期に広告界の神様といわれたアートディレクター・太田英茂(1892-1982)。太田は、斬新な手法の広告を次々と送り出した他、写真家の木村伊兵衛、デザイナーの原弘、亀倉雄策など、多くの若手クリエイターを育成し、日本近代デザインの発展に貢献しました。

詳細はこちら

[アーカイブ] Theミニ名品展

その他

開催期間2012年9月22日(土)~ 2012年11月4日(日)

詳細はこちら

[アーカイブ] 長野県書道展 

展示室1 ・ 展示室2

開催期間2012年9月2日(日)~ 2012年9月9日(日)

詳細はこちら

[アーカイブ] Theミニ名品展

その他

開催期間2012年9月1日(土)~ 2012年9月9日(日)

詳細はこちら

[アーカイブ] Ⅲ 夏の訪れ、秋への想い

東山魁夷館

開催期間2012年7月26日(木)~ 2012年9月25日(火)

夏から秋にかけての自然の変化をメインテーマに、東山魁夷が描いた情緒溢れる作品約80点を展示。8月から9月に中国へ旅して描かれた「天山遙か」の連作や、「白い馬の見える風景」シリーズから季節にちなんだ習作類もご紹介します。

詳細はこちら

[アーカイブ] 大正ロマン昭和モダン展 竹久夢二・高畠華宵とその時代

展示室1 ・ 展示室2

開催期間2012年7月14日(土)~ 2012年8月26日(日)

大正から昭和の初期にかけて、夢見る少女やモダンガールなどが雑誌や新聞の紙面を飾り、人々の大衆文化は大きく開花しました。中でも、絵画の他、デザインや本の装幀、詩や俳句など幅広く活躍した竹久夢二の描く女性は、夢二式美人とも呼ばれ、雑誌の表紙や挿絵に描かれた女性は大衆に大きな支持を得ました。

詳細はこちら

ACCESS MAP

MENU