展覧会

展覧会情報

マン・レイと女性たち

展示室2 ・ 展示室3

開催期間2022年4月21日(木)~ 2022年6月19日(日)

20世紀を代表する芸術家の一人、マン・レイ。幅広いジャンルで活躍した作家は、写真でもその類稀な才能を発揮しました。そんなマン・レイの写真を特徴づけるのが、独自の技法や、軽やかな撮影スタイル、そして長い生涯のなかで出会った女性たちの存在です。彼女たちはマン・レイにとっての“ミューズ”であると同時に、激動の時代を生きる自由な人間性の象徴でもありました。本展では、写真を中心に、絵画やオブジェなど250点を超える選りすぐりの作品をご紹介します。


①,④,⑤,⑧ Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / ©︎ MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2698

,⑥ Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / ©︎ MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2698

③ Courtesy Telimage, Photothèque Man Ray, Paris / ©︎ MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2698


 

開催情報

会期

2022年4月21日(木)~ 2022年6月19日(日)

休館日

水曜 ※但し、5月4日(水・祝)は開館。翌々日の5月6日(金)は休館。

開館時間

9:00-17:00(展示室入場は16:30まで)

観覧料

一般1,5001,400)円、大学生及び75歳以上1,3001,200)円、高校生以下又は18 歳未満無料

※(  )内は20名以上の団体料金 ※東山魁夷館及び長野県立美術館コレクション展との共通料金 一般 2,000円、大学生及び75歳以上1,600

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は無料

※割引の併用はできません

会場

展示室2 ・ 展示室3

主催

長野県、長野県立美術館

共催

長野県教育委員会

後援

在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、長野市、長野市教育委員会、長野商工会議所、善光寺、長野県芸術文化協会、長野県美術教育研究会、(公財)八十二文化財団、(公財)ながの観光コンベンションビューロー、JR東日本 長野支社、信濃毎日新聞社、NHK長野放送局、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、FM長野、INC長野ケーブルテレビ

監修

巖谷國士 Kunio Iwaya(シュルレアリスム研究、仏文学者、美術批評家、明治学院大学名誉教授)、マリオン・メイエ Marion Meyer(20世紀美術研究、国際マン・レイ協会会長)

特別協力

国際マン・レイ協会(Association Internationale Man Ray, Paris)

協力

日本航空

企画協力

アートプランニング レイ

ダウンロード

関連イベント

イベント

[中止]マン・レイと女性たち 担当学芸員によるギャラリートーク(4月24日) 詳しくはこちら

イベント

マン・レイと女性たち 担当学芸員によるギャラリートーク(6月12日) 詳しくはこちら

ACCESS MAP

MENU