ロゴマーク

お知らせ

【スタッフのつぶやき】2021を振り返る!こんなことしてました! Vol.2

アート・コミュニケータ

2022年6月12日(日)

2021年4月10日のオープン~8月グランドオープンまで、新しい美術館をつくるため、しばらくブログはお休みさせていただきました。

開館年となった2021年をダイジェストで振り返ります!その2です!


グランドオープン記念展「森と水と生きる」の展示作業に参加!

作家の大小島真木さんの作品を展示しました!

作品の取り扱いを学びながら、大小島さんとの交流も楽しみました。


初めてのアート・コミュニケータ企画ワークショップを開催!

「“Soil Full World”土で描こう!」と名付けて、いろいろな種類の土をつかって、絵を描くワークショップ。

コロナ対策をしながら、9組のみなさまにご参加いただき、大盛況!

企画から試作づくり、本番まで、みなさんお疲れさまでした!

【画像:2021年11月①、②】



12月15日に「障がいのある方のための特別鑑賞日」を開催。

障がいのある方が、あたらしくなった美術館を安心して楽しめるように、休館日に開館する1日です。

特別鑑賞日の開催に向けて、館内スタッフを対象とした研修会も実施!

視覚障がい者のガイド方法や、車いすに乗ってみる体験!

アート・コミュニケータも館内スタッフとともに学びました。

【画像:2021年12月①、②】


特別鑑賞日当日も、館内案内や鑑賞サポートなど、アート・コミュニケータ大活躍!

【画像:2021年12月③、④】


2021年は、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、美術館主催イベントの中止が続いたり、臨時休館したりと、活動が制限されてしまった部分も多くありましたが、アート・コミュニケータ同士での交流や、美術館に通う活動を通して、長野県でのアート・コミュニケータが動き出した年となりました。


来年度は、どんな企画をやろうかな?

そんな声が聞こえてくるたびに、スタッフもワクワクしています!



ACCESS MAP

MENU