展覧会

展覧会情報

戸谷成雄 彫刻

展示室1 ・ 展示室2 ・ 展示室3

開催期間2022年11月4日(金)~ 2023年1月29日(日)

戸谷成雄(1947-・長野県上水内郡小川村)は、日本の現代彫刻を代表する存在として、「彫刻とはなにか」を問う根源的な思索を深めながら、精力的に作品を発表しています。

長野県での初めての個展となる本展では、戸谷成雄の初期から近年の作品まで代表作を含め約30点を、展覧会のコンセプトに合わせ、制作年に関係なく展示します。本展では、その壮大な彫刻観へのいとぐちとして、「表面」や「構造」といった独自の彫刻概念に、日本語の言語構造への深い思索が反映されていることに焦点を当てます。この思索は、戸谷自身の言葉にしばしば表明されてきましたが、作品を目の前に語られる機会はあまり多くありませんでした。日本の社会について戸谷が常に抱く問題意識は、言語学や人類学の方法論をもちいて社会の構造のありかたを問うという、世界的な思想のながれに合致し、彫刻家自身の彫刻概念と共振しました。

1980年代半ばから始められた「森」シリーズに見られるように、チェーンソーで木材の表面を刻んだ大型の木彫作品がよく知られていますが、作品の基本的な考え方は、戸谷が彫刻家をこころざした1970年代にすでに形成されました。当時、国内外で展開されていた現代美術では、旧来の絵画や彫刻が事実上否定され、美術そのものの在り方が問われていました。戸谷はいわゆる制度として解体された彫刻を、時代や地域の枠を乗り越え、その起源から見つめ直しています。



【図録販売中!】
「戸谷成雄 彫刻」展図録

展覧会の開催を記念して刊行される本書は、本館と埼玉県立近代美術館(2023 年開催予定)での出品作はもちろんのこと、戸谷氏の主要作品を網羅した作品図版に加え、再録原稿を含んだ充実の論考を収載しています。

販売価格|ソフトカバー版:3,850円(税込)
※当館ミュージアムショップではあわせてハードカバー版(特別装丁版)も取り扱いを予定しています(発行日未定)。

判型、頁数|A4変形 320頁
発行|T&M Projects デザイナー|鈴木聖

掲載内容|本展覧会出品作を含む多数の作品図版掲載。
[インタビュー] 戸谷成雄
[対談] 戸谷成雄 × 遠藤利克(再録原稿)
[論考] 勝俣涼(美術評論家)/新藤淳(国立西洋美術館主任研究員)/冨井大裕(美術家)/峯村敏明(美術評論家/再録原稿)/佐原しおり(埼玉県立近代美術館学芸員)/鈴木幸野(長野県立美術館学芸員)/建畠晢(埼玉県立近代美術館館長)/松本透(長野県立美術館館長)

そのほか、年譜、主要文献目録 など

開催情報

会期

2022年11月4日(金)~ 2023年1月29日(日)

休館日

水曜日 ※11/23は祝日のため開館、翌平日の11/24休館 、年末年始(12/28~1/4)

開館時間

9:00~17:00(展示室入場は16:30まで)

観覧料

一般 1,000(900)円
大学生及び75歳以上 700(600)円
高校生以下又は18歳未満 無料

※東山魁夷館及び長野県立美術館コレクション展との共通料金 一般 1,500円、大学生及び75歳以上 1,000円
※(  )内は20名以上の団体料金

会場

展示室1 ・ 展示室2 ・ 展示室3

主催

長野県、長野県立美術館、戸谷成雄展実行委員会

共催

長野県教育委員会

後援

長野市、長野市教育委員会、長野商工会議所、善光寺、長野県芸術文化協会、長野県美術教育研究会、(公財)八十二文化財団、(公財)ながの観光コンベンションビューロー、JR東日本 長野支社、信濃毎日新聞社、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、FM長野、INC長野ケーブルテレビ

協力

シュウゴアーツ、ケンジタキギャラリー

ダウンロード

関連イベント

イベント

戸谷成雄 彫刻 学芸員によるギャラリートーク(11月26日) 詳しくはこちら

イベント

戸谷成雄 彫刻 学芸員によるギャラリートーク(12月24日) 詳しくはこちら

イベント

おやこでトーク(1月28日) 詳しくはこちら

ACCESS MAP

MENU