展覧会

展覧会情報

オープンギャラリー 夏季展示

オープンギャラリー

開催期間2021年7月1日(木)~ 2021年10月3日(日)

「霧の彫刻」を水辺テラスに制作した中谷芙二子、その土地の石を現地の人びとと磨くプロジェクトを行う冨長敦也、ライブペインティングや作品展示を行う話題のアーティスト・小松美羽。各作家の業績を紹介します。


冨長 敦也  7月 1日(木)~7月27日(火)

2021 年 4 月の新築オープンまでの間、冨長敦也による 3回の滞在制作の経過や、Love Stone Project-Nagano に対する作家の思いをご紹介します。3 つの巨石が美術館の地下から掘り出され、作家の手によって「皮」をむき、来館者とともに磨くまで、その軌跡を写真と動画を中心にたどります。
冨長敦也が過去に磨いたハート形のラヴストーン 3 点も展示します。石との出合い、石がつなぐ出会いを体験してみてください。
Love Stone Project-Nagano 詳細はこちら

小松 美羽  2021夏 ―祈りと交感― 7月29日(木)~8月24日(火)

長野県坂城町出身のアーティスト、小松美羽の作品展です。同展のために制作された新作や先行して開催したライブペインティングにて制作された作品等、全13点を展示します。小松の迫力ある世界観をご体感ください。

中谷芙二子  Dynamic Earth 8月27日(金)~10月3日(日)

当館の新築オープンにあたり常設された作品「霧の彫刻」を顕彰して、「霧のアーティスト」であり日本におけるヴィデオ・アートの先駆者として知られる中谷芙二子(1933~)の活動を紹介する展覧会です。
中谷は、1970年の大阪万博において初めて人口の霧でペプシ館のドーム全体を覆う「霧の彫刻」を発表して以来、環境によって変化する霧を用いた美術作品の制作に取り組んできました。その一方で、1972年に山口勝弘、かわなかのぶひろら有志と実験的映像グループである「ビデオひろば」を結成。1980年には原宿にヴィデオ・アート専門の「ビデオギャラリーSCAN」を開設するなど、日本のヴィデオ・アート界において重要な位置を占めています。
本展では、これまでに制作された霧作品の記録映像と当館の常設する「霧の彫刻」の紹介に加え、中谷の初期ヴィデオ作品を紹介し、その実践的な活動を概観します。

【展示作品】
《卵の静力学》(1973年)
《霧の森》霧環境 #4766 記録映像(1992年)
中谷芙二子《霧の彫刻》+田中泯「場踊り」 記録映像(2021年、映像ディレクション:太田信吾)

開催情報

会期

2021年7月1日(木)~ 2021年10月3日(日)

休館日

水曜日

開館時間

9:00~17:00

観覧料

無料

会場

オープンギャラリー

主催

長野県、長野県立美術館

ACCESS MAP

MENU