展覧会

展覧会情報

生誕100年 松澤宥

展示室1 ・ 展示室2 ・ 展示室3

開催期間2022年2月2日(水)~ 2022年3月21日(月)

松澤宥(1922-2006)は、長野県諏訪郡下諏訪町生まれで、同地を拠点に国内外に芸術を発信しつづけた、日本を代表するコンセプチュアル・アーティストです。2022年2月2日の松澤宥生誕100年にあたり、生涯をたどる回顧展を開催します。
本展では、芸術家としての原点である建築や詩から、美術文化協会や読売アンデパンダン等に出品された絵画やオブジェ、1964年に「オブジェを消せ」という啓示を受ける前後より国内外で発表された言語による作品やパフォーマンスまで、松澤の多彩な作品と活動を、同時代の資料や写真を交えてご紹介します。また、伝説のアトリエ「プサイの部屋」については、一部を再現するとともに、VRで体験できる展示も行います。
松澤宥の生涯に渡る作品や活動を一堂に集め、松澤宥が追い求めた世界を考えていただく機会となることを願っております。 


[関連展示情報=松澤宥 生誕100年祭]
松澤が生まれ、人生のほとんどを過ごした下諏訪町で、貴重な作品や資料を展示・公開するまちなか展覧会、その他トークショーやイベントを行われます。最新情報は公式サイトや各種SNSをご確認ください。

会期:2022年1月29日(土)~3月21日(月・祝)
   ※諏訪湖博物館以外の施設は2月13日(日)まで
会場:諏訪湖博物館・赤彦記念館、下諏訪町内各施設
主催:Suwa-Animism(スワニミズム)美術部
助成:長野県 地域発 元気づくり支援金
協力:一般財団法人 松澤宥プサイ(ψ)の部屋
後援:長野県、下諏訪町、長野県立美術館

生誕100年記念サイト: www.matsuzawayutaka.jp
Facebook: https://www.facebook.com/matsuzawayutaka.100
Instagram: https://www.instagram.com/matsuzawayutaka/


開催情報

会期

2022年2月2日(水)~ 2022年3月21日(月)

休館日

毎週水曜日(ただし、2月2日・2月23日は開館)、2月24日(木)

開館時間

9:00~17:00

観覧料

一般800(700)円、大学生および75歳以上600(500)円、高校生以下無料

※()内は20名以上の団体料金

※本館コレクション展および東山魁夷館との共通料金=一般1300円、大学生および75歳以上900円

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は無料

会場

展示室1 ・ 展示室2 ・ 展示室3

主催

長野県、長野県立美術館

共催

長野県教育委員会

後援

長野市、長野市教育委員会、長野商工会議所、善光寺、長野県芸術文化協会、長野県美術教育研究会、(公財)八十二文化財団、(公財)ながの観光コンベンションビューロー、JR東日本 長野支社、信濃毎日新聞社、NHK長野放送局、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、FM長野、INC長野ケーブルテレビ

協力

一般財団法人松澤宥プサイの部屋、信州大学工学部建築学科寺内研究室
令和2年度第3次補正 地域ゆかりの文化資産を活用した展覧会支援事業(国内需要喚起型)

ダウンロード

関連イベント

イベント

記念講演会:見えないものを観るために―松澤宥の過去・現在・未来(手話通訳つき) 詳しくはこちら

イベント

クロストーク:「オブジェを消せ」前夜―松澤宥の初期ドローイングとオブジェ 詳しくはこちら

イベント

鼎談:松澤宥の共同体幻想―〈ニルヴァーナ〉のころ 詳しくはこちら

イベント

松澤宥パフォーマンス映像上映会 詳しくはこちら

イベント

担当学芸員によるスライドトーク(手話通訳つき) 詳しくはこちら

ACCESS MAP

MENU