ロゴマーク

展覧会

展覧会情報

生誕150年池上秀畝 高精細画人

展示室1 ・ 展示室2 ・ 展示室3

開催期間2024年5月25日(土)~ 2024年6月30日(日)

池上秀畝《四季花鳥》大正7(1918)年、長野県立美術館蔵



池上秀畝(明治7-昭和19(1874-1944))は、現在の長野県伊那市高遠町に生れ、当時世にあまり名の知られていなかった荒木寛畝の最初の門人・内弟子となり、大正5 (1916) 年から3 年連続で文展特選を受賞、帝展では無鑑査、審査員を務めるなど官展内の旧派を代表する画家として活躍しました。

池上秀畝の作品は、「旧派」と一括りにされることが多いですが、表現の多様性や、同い年で同じく長野県南部出身の菱田春草に代表される新派とは、また異なる立場から新しい日本画を実践しました。秀畝は、展覧会芸術だけでなく、襖絵や障壁画といった、室内装飾などにも取り組んでおり、同時代の人々に支持されていましたが、近年では新派ほど研究がされておらず、展覧会等で取り上げられる機会も多くはありませんでした。

生誕150 年を機に、旧派の代表格とされた池上秀畝の人生と代表作をたどり、決して「旧」ではない秀畝の画業の全体像を振り返ります。

※会期中展示替えがあります
前期:5月25日(土)~6月11日(火) 後期:6月13日(木)~6月30日(日)




【巡回展】練馬区立美術館 会期:2024年3月16日(土)~4月21日(日) 詳細はこちら

【関連展】
伊那市高遠歴史博物館 会期:2024年2月24日(土)~ 6月16日(日)
信州高遠美術館 会期:2024年3月2日(土)~5月19日(日)
長野県伊那文化会館 会期:2024年3月30日(土)~5月12日(日)

※詳細は各館へお問合せください。

開催情報

会期

2024年5月25日(土)~ 2024年6月30日(日)

休館日

水曜日

開館時間

9:00~17:00(展示室入場は16:30まで)

観覧料

一般 1,000(900)円
大学生及び75歳以上 700(600)円
高校生以下又は18歳未満 無料

※(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料。
※大学生及び75歳以上の方は身分が確認できるものをご掲示ください。

会場

展示室1 ・ 展示室2 ・ 展示室3

主催

長野県、長野県立美術館

共催

長野県教育委員会、練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)

後援

長野市、長野市教育委員会、長野商工会議所、善光寺、長野県芸術文化協会、長野県美術教育研究会、(公財)八十二文化財団、(公財)ながの観光コンベンションビューロー、JR東日本 長野支社、 信濃毎日新聞社、NHK長野放送局、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、FM長野、INC 長野ケーブルテレビ

助成

美術館連絡協議会、読売新聞社

関連イベント

イベント

菱田春草と同い年!! 生誕150年 日本画家『池上秀畝(いけがみ しゅうほ)』アートこぼれ話~“高精細画人”の魅力を学芸員が紹介!~ 詳しくはこちら

ACCESS MAP

MENU