展覧会

展覧会情報

アートラボ2022 第Ⅱ期 金箱淳一展 たゆたう音とあそぶ

アートラボ

開催期間2022年7月30日(土)~ 2022年10月25日(火)

長野県立美術館本館2階の「アートラボ」は、視覚以外の感覚も使った鑑賞が可能な「ラボラトリー(実験室)」となることを目指しています。2022年度の第Ⅱ期展覧会では、金箱淳一を紹介します。

 「楽器インターフェース」の研究者でもある金箱は、視覚や聴覚に障がいのある人もそうでない人も一緒に遊ぶ/感じることができるよう、音や光を振動に変えて伝える「共遊楽器」の開発をおこなっています。聴覚だけでなく、それ以外のさまざまな感覚をつかって、音を楽しんでみてください。



展示作品(予定)
・金箱淳一+原田智弘《音鈴―信濃》


金箱淳一 略歴
楽器インターフェース研究者、Haptic Designer、神戸芸術工科大学准教授
障がいの有無にかかわらず、共に音を楽しめる「共遊楽器」(作家による造語)を研究・開発している。
 1984年 長野県浅科村(現・佐久市)生まれ
 2007年 第11回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門審査委員会推薦作品
 2013年 Asia Digital Art Awardエンターテイメント部門大賞、経済産業大臣賞
 2018年 Asia Digital Art Awardエンターテイメント部門優秀賞受賞
 2021年 東京2020パラリンピック閉会式演出協力
 他、クライアントワークも多数手がけている





アートラボ入室方法のご案内
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記についてご理解ご協力をお願いいたします。

アートラボの入室は、1組ずつ「当日整理券制」等による入場制限をおこなっております。(1組20分間、最大6名まで)
 ・9時より当日分の整理券を配布する場合があります。鑑賞をご希望の方は、2階アートラボ受付にてご確認ください。
  ※事前の入室予約は受け付けておりません。
  ※整理券受付は9時~16時30分までです。整理券が無くなり次第終了となりますので、時間に余裕をもってお越しください。
 ・整理券記載の時間になりましたら、アートラボ受付へ整理券をお渡しください。

ふれる作品鑑賞方法のご案内
荷物やアクセサリーの作品との接触を防ぐため、鑑賞する際は何も身に付けていない状態でお願いいたします。
 ・事前に館内1階のロッカーまたはアートラボ受付へ、荷物を預けてください。
 ・触れて鑑賞する作品の性質上、過度な力を加えると壊れてしまいます。
 ・《音鈴―信濃》は、本来、息を吹きかけて風をあたえて鑑賞する作品ですが、感染症対策のため、受付で貸し出している「うちわ」を使用してご鑑賞ください。


※新型コロナウイルス感染症予防のため、当日37.5度以上の熱がある場合や体調が優れない場合の作品鑑賞はご遠慮ください。
※新型コロナウイルス感染症等、諸般の事情により、展覧会開催延期や休止となる場合があります。

開催情報

会期

2022年7月30日(土)~ 2022年10月25日(火)

休館日

水曜日

開館時間

9:00~17:00(展示室入場は 16:30 まで)

観覧料

無料

会場

アートラボ

主催

長野県、長野県立美術館

ACCESS MAP

MENU