イベント

イベント情報

「美術館のある街・記憶・風景」アーティストトーク

イベント

開催期間
2021年5月22日(土)

オープンギャラリーにて開催中の「美術館のある街・記憶・風景『日常記憶地図』で見る50年」展関連イベントとして、招聘作家・サトウアヤコによるトークイベントを行います。

サトウアヤコが《日常記憶地図 長野編 1950s-2020》制作の過程や、美術館や善行寺周辺を起点に長野市街地をリサーチして感じた街の特徴についてお話します。


開催情報

日時:2021年5月22日(土)

時間:13:30~15:00(開場13:00)

会場:本館1階 交流スペース

参加費:無料

定員:20名程度(申込不要・入退場自由)


【注意事項】

※新型コロナウイルス感染症予防のため、ご来場の際はマスクの着用をお願いします。

※受付時に体温チェックを実施します。当日37.5度以上の熱がある場合はご入場いただけません。

※新型コロナウイルス感染症等、諸般の事情により、内容に変更が生じる場合がございます。変更が生じた際は、こちらのページにてお知らせいたしますので、ご確認のうえお出かけください。


出演者プロフィール

サトウアヤコ

建築・情報工学を学び、対話やリサーチを主としたコンセプトデザインなどを行う。2010年から「mogubook」、「カード・ダイアローグ」、「本棚旅行」、「マイクロ・ストーリー」など複数のプロジェクトを継続しながら、言語化のプロセスや媒介的なコミュニケーションについて探求している。日常記憶地図により、土地を介した家族の関係性をテーマとした「家族の風景を”共有”する」を進行中。


2013年「オープン台地 in OSAKA vol.3,4」(大阪)

      「奈良・町家の芸術祭 はならぁと 2013」(奈良)

2014年「オープン台地 in OSAKA vol.5」(大阪)

2019年「MOT サテライト2019 ひろがる地図」(東京都現代美術館:東京)

      連続講座「サトウアヤコ「日常記憶地図」子どもの頃の場所と風景を思い出す」(鳥取)


関連展覧会

美術館のある街・記憶・風景 日常記憶地図で見る50年 詳しくはこちら

ACCESS MAP

MENU