展覧会

展覧会情報

[アーカイブ] 南信生まれで同い年 近代日本画の旧派・池上秀畝VS新派・菱田春草

コレクション展示室

開催期間2016年12月17日(土)~ 2017年1月3日(火)

高遠町(現:伊那市)生まれの池上秀畝と、飯田市生まれの菱田春草は、1874年(明治7)生まれの同い年、それぞれ旧派、新派の明治以降の近代の日本画を代表する画家として活躍しました。これまであまり一緒に語られることのなかったそんな二人の作品を展示し、明治時代の日本画草創期に、旧派、新派それぞれがどのような表現を目指したのかをご覧いただきます。

開催情報

会期

2016年12月17日(土)~ 2017年1月3日(火)

休館日

毎週水曜日、年末年始(12/28-1/1)

開館時間

9:00 ~ 17:00

観覧料

大人500(400)円、大学生300(200)円、高校生以下無料 ※東山魁夷館との共通料金 大人800円、大学生400円 ※( )内は20名以上の団体料金 ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は無料

会場

コレクション展示室

主催

長野県長野県信濃美術館

ACCESS MAP

MENU